前回煙道の経路を変更してから1年後と2年後の今回またまた経路を変えてみた。

th_DSCF4352

s_DSCF6564

上の写真がビフォーで下がアフター。最大の変更点は垂直の煙道の位置で、自分で設計施工した家なので自由自在に床壁に穴を開けてこの通り。

s_DSCF6531

2階の床付近に4mのスパイラルダクトを這わせて窓の下から煙突を立ち上げてます。

s_DSCF6523.jpg

結果、蓄熱ベンチと2階の放熱管を合わせた横引きの長さが約8m、焚き口から煙突の最上部との高低差約4.5mとなった。実は1年前の変更では煙の引きが良すぎて熱がもったいなかったので、今回は横引きを伸ばして排煙の滞留時間を長くしたというわけ。

ついでに煙道以外の改良点。ペール缶を切って簡単に作ったフィードチューブだが、早晩錆びて作り直さなければならないので、ラス金網を巻きつけてアサヒキャスターを塗りつけて耐久性を高めておいた。

s_DSCF5330s_DSCF5340

s_DSCF6662.jpg

いつもの鉄工所で3mm厚の鉄板をドーナツ状に切ってもらい(500円!)、ジャストサイズの蓋を100均で見つけて完璧。

s_DSCF5367.JPG

煙道のついていたコーナーには本棚。

これで当分安泰でしょう。多分。

 

広告